薄毛予防のキーとなるIGF-1

ヘアサイクルを正常に戻して薄毛予防ができると注目されているのが、IGF-1と呼ばれる体内物質です。

薄毛ドットコム

薄毛予防のキーとなるIGF-1

薄毛を防いで、発毛・育毛を促進する効果があると期待されているのが「IGF-1 (Insulin-like Growth Factor-1、インスリン様成長因子)」と呼ばれる体内物質です。

薄毛の原因の1つに挙げられるのが、ヘアサイクルの乱れによって、成長期の毛母細胞が正常に働かないことです。

毛母細胞が正常に働かないと、成長期であるにもかかわらず、髪の毛を生成し続けることができなくなり、髪の毛は本来の寿命をまっとうできずに、抜け落ちてしまうのです。

そこで、注目されたのが、すでにアンチエンジングに大きな効果があることが分かっているアミノ酸の結合体である体内物質の「IGF-1」なのです。

身体を若く保つ効果があるIGF-1を頭皮で増やし毛母細胞を活発化させることで、髪の毛の成長を促進して薄毛を予防、改善させるという訳です。

ある研究では、萎縮していた毛母細胞がIGF-1の刺激を受けることで、ヘアサイクルの乱れが正常に戻り、髪の毛の休止期が短くなったという結果もでています。

胃や皮膚の知覚神経を刺激するカプサイシンやイソフラボンを摂取することで、安全に、且つ効率的にIGF-1を増やすことができるようです。

ヘアサイクルに着目した成分を配合しているシャンプーをお探しなら、抜け毛・薄毛予防【スカルプDの育毛トニック】 | スカルプD公式通販 | シャンプー・エイジングケアのアンファーストア | ANGFAへ。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加